お知らせ

2016年5月15日

月刊石材5月号掲載『info「全石協」No.9』

『info「全石協」(インフォ「ぜんせききょう」)No.9』

◇お墓の“継承者がいる方” の67.9%は平面墓地(一般墓地)を求めている

 前回に引き続き、全石協が加盟石材店の事業支援の一環として、消費者の供養やお墓に対する意識ならびにその変化・動向を正しく把握するために行なっている消費者の意識調査の第2 弾です。 今回は、「お墓について相談がある方へのアンケート調査」の結果です(対象者:お墓について相談がある方で全国の40 歳以上の男女、有効回答数705 名、調査方法:インターネット、実施:2016 年4 月)。

お墓についての相談ごとがある方の半数(51.9%)は、和型・洋型・デザイン墓等の平面のお墓を希望されていて、特に「継承者がいる」方は、+ 16 ポイント上がり67.9%の方が、平面墓地を希望されていることがわかる。 逆に「継承者はいない」方でも、43.7%が平面墓地を希望し、永代供養墓を上回っている。 “墓石離れ” と言われる一方で、継承者の有無に関わらず、日本人は墓石での平面墓地を希望していることがわかった。また、伝統的な和型の墓石が断トツでトップであるが、デザイン墓(個人の想いを形にした自由なお墓)が、納骨堂・室内墓・洋型墓石をおさえて2位に入っていることも、これからお墓を建てる方の本質的な想いが垣間見える結果となった。

全国石製品協同組合
本部/東京都港区芝大門2丁目9番14号5F
TEL 03(5733)3776 http://zenseki.or.jp/

ページ上部へ